ダライ・ラマ法王 2010年6月長野来訪記念 写真展

「1959年 ダライ・ラマ法王」

1959年3月、ダライ・ラマ法王と8万のチベット人が、雪深いヒマラヤ山脈を越え、インドへ亡命。

写真は、59年春、亡命直後にインド・アッサム州テズプール近くのミマサリ地域で撮影された当時最大のチベット難民キャンプの記録写真である。


期間:平成22年6月19日(土)から21日(月)まで

時間:10時から5時まで《無料展示》21日は4時まで

場所:地蔵庵 長野市権堂町2275
(セントラルスクエア左横・やま茶屋角入る10m)

主催:写真展「1959年ダライ・ラマ法王」

ドキュメンタリー映画

「チベットの風~Wind from Tibet」上映会 @ 長野‏

「私は、ただ真実を知りたい一心でカメラを片手にチベットに向かった。そこで見たものは・・・・」 
会 場:生涯学習センター TOiGO(トイーゴ)3階 第一学習室
    (長野市鶴賀問御所町1200)
    ▲地図 JR長野駅~TOiGO  ▲地図 ビッグハット~TOiGO
     *JR 長野駅善光寺口より徒歩約10分
     *長野電鉄市役所前駅より徒歩約3分

開 場:17:50/開 演:18:10/終 了:20:10

会 費:500円

申し込み先:▲お申し込みフォーム
      ▲Eメール (お名前、e-mail、連絡先などをご明記ください)

主 催:「チベットの風~Wind from Tibet」を見る会

後 援:チベットの風(https://tibetnokaze.wordpress.com/

【終了】 「チベットの風」イベント告知

☆ポタラカレッジ講演会@上田

ダライ・ラマ十四世法王猊下が、善光寺の招聘により

長野を訪問されることになりました。

六月二〇日にはビッグハットでの講演会も予定されています。

これに先立ちチベット仏教普及協会(ポタラ・カレッジ)では、

チベットの風と共催にて、講演会を開催することになりました。

「チベット仏教普及協会(ポタラ・カレッジ)」(東京都千代田区)は、

ダライ・ラマ法王直系の伝統的なチベット仏教を学び、

実践する場として設立された日本で最初の本格的な団体です。

今回は、会長であるゲシェー・ソナム・ギャルツェン・ゴンタ師が

講演いたします。

第一部では、猿と羅刹女から生まれた(!)という

チベット人の起源や、チベット人と仏教についてお話しします。

第二部では、チベット仏教に伝わる

「ロジョン」という教えをご紹介します。

「ロジョン」とは、心の訓練という意味です。

耐え難いほどの困難な状況に直面したときに非常に役立つものです。

チベット人僧侶が日本語でわかりやすくお話しいたします。

仏教とチベット人を身近に感じていただける機会です。

どうぞお気軽にご参加下さい。

日本語が堪能なチベット人僧侶をお招きし、チベット仏教を分かりやすくお話しいただく予定です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

講師:ゲシェー・ソナム・ギャルツェン・ゴンタ師

1955年、チベット本土のティンリ村に生まれる。中国のチベット侵攻により、少年期にインドへ亡命。’73年より、ダライ・ラマ法王仮宮殿のお膝下に新設されたダラムサラ仏教論理大学で、チベット仏教の伝統的な学問と修行を積む。’83年に来日。日本仏教を学び、比較研究を行なう。’92年、大正大学大学院文学研究科博士課程(仏教学専攻)満了。ダライ・ラマ法王日本代表部事務所(チベットハウス)文化交流担当となり、’98年まで勤務。現在、チベット仏教普及協会(ポタラ・カレッジ)会長。照光精舎宗教文化研究所研究員。’96年、デプン僧院ロセルリン学堂にて、「ゲシェー」(仏教哲学博士)の学位を取得する。

内容:第一部 チベット仏教の概要と人々の信仰

~休憩~

       第二部 日常生活に役立つ実践的な仏教の教え

         『心の訓練(ロジョン) 八つの詩頌』

参加:2,000円

6/13(日)

午後2時~5時

会場: 宗 吽 寺

TEL.0268-22-1738

上田市中央2-14-6

上田駅徒歩10分。

海野町パーク斜め向い。車は海野町パーク(有料)にとめて下さい。

☆↓チラシはこちら↓☆

宗吽寺02

主催:チベット仏教普及協会(ポタラ・カレッジ) http://www.potala.jp/

共催・問合せ:チベットの風 TEL.090-4951-0018

ダライ・ラマ法王14世 長野訪問決定!!

6月20日(日)ビッグハットにて特別記念講演

houou 05 (ご講演チラシpdf)

広告